電車は<記憶行き>です。
あのとき「またね。」と告げた事。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
君のからだに歌を描こう。
何日か前に途中まで書いていたもの。ばかみたいに泣きながら。

―――――――――――

汚い言葉も、汚い感情も、わたしはたくさん知っている。それを誰に向けるかは、わたしの自由。けれど、あなたに向けることだけは、決して選ばない。だって、あなたを大切に思っているから。

わたしは汚い。

―――――――――――

自分が今までどうやって生きてきたのかを忘れてしまった。どうして平気で息をしてきていたんだろう。

どうして自分の生きている価値を考えずに今まで生きてこられたんだろう。

―――――――――――

死にたいとだけただひたすらに願って涙を流すことはひどく痛々しいこと。

刃物を握りしめる自分はあまり思い出したくない。

―――――――――――

わたしの周りにあるもの全てが、わたしの手に負えるものだったらいいのに。

喜びも、悲しみも、幸福も、不幸も、安心も、不安も、好きも、嫌いも、

痛みも、苦しみも、全部ぜんぶ。

そうしたら、生きていけるのに。

―――――――――――

ああ、そっか、わたし、いない方がいい

どこにもわたしの居場所なんかなくてどんな生き方をしようと人を傷つけることしかできなくてわたしはわたしのためにもいなくなった方がいい。そうしたら、こんな苦しみも味わわずにすむ。

―――――――――――

ここまで書いてあった。

一日中家に居る日は、決まってこれくらい落ち込む。

誰かと会った、少しだけ元気な日(例えば今日とか)に、冷静になって下書き保存になっていた自分の吐き出した文章を読むと、我ながら呆れる。

でも、まだ、これはドン底じゃないんだよなあ。

―――――――――――

この文章はもちろん”いま”書いています。

―――――――――――

わたしは、ひとりで生きていけると感じた瞬間に、ひとりで生きていけなくなるのだろう。

―――――――――――

どんなに好きな色に囲まれたってきっとわたしは上手く息ができない。

―――――――――――

誰も傷つけずに生きていくことってできないのかなあ。

わたしの知らないところでわたしの知らない人がわたしの存在に傷ついている。頭がおかしくなっちゃうよ。

わたしに好かれる人は可哀相だな。

―――――――――――

それでもときどき、前に進めるような気がする。

自分の手の中にあるものだけを大切にして、愛して、歩いていけたらいいのに。多くを望まなければ、幸せなのに。

―――――――――――

たぶん音楽の趣味が一番合うであろう友達におすすめしてもらった七尾旅人のガリバー2という曲を聴いています。落ち着く。


「触れたなら こわれそうだった。
触れたなら こわれそうだった。
君がじゃない。君がじゃない、僕が。
僕の指が。僕の指が、ねぇホラ...ブッ壊れ。」


触れたら、壊れそうなときって、あるよね。相手がじゃなくて、自分が。おそらく、好きすぎて。愛しすぎて。

よかったらみなさんも聴いてみてくださいー。なるべく歌詞付きで。ニコ動とかYouTubeにも上がってますので。

―――――――――――

まだ書きたいことがいっぱいあるけれど、明日はピクニックなのでもう寝ます!たのしみだな。

バドミントン早くしたい。お昼ご飯にリラックマの生チョコメロンパンのやつを買って行こう。
- comments(0) trackbacks(0)
理解されない苦しみを

小さい頃、自分の名前を書くことが好きだった。
今思うと、自分の存在を誰かに、示したかったのかもしれない。
わたしは、こういう名前なんだ、と。
こういう名前で、この世界に存在しているんだ、と。

ただ、小さい頃、自分の名前を書くことが好きだったという記憶が、正しいのかはわからない。

―――――――――――

電話の音は、いつも責められているみたいで嫌いだった。

―――――――――――

一ヶ月振りに会っても、毎日会っていたみたいに感じられるのは、それだけ君が、この生活の一部になっているということだろうか。

けれど、それはつまり、この生活がなくなってしまえば、君とはもうこうして会えなくなってしまうということ。
不変じゃない。甘えていてはいけない。
その程度の繋がり。儚くも、美しくもない。

踏み込まないことだけが、唯一の優しさ。

―――――――――――

そこには何千、何百という君が存在するというのに、こんな鉛筆一本でどうやって表現できようか。

―――――――――――

泣いちゃいけないって、誰が決めた?
死んじゃいけないって、誰が決めた?
生きちゃいけないって、誰が決めた?

―――――――――――

全部教えてよ。省かないでよ。
一つ残らず。一つ残らず。一つ残らず。

触らないでよ。

―――――――――――

留守番電話の声が上手く聞き取れない。

―――――――――――

今日の授業中に、暇すぎていろいろ書いていたものをまとめてみた。

カルアミルクを飲んでみたい。


もうすぐ高校生活最後の文化祭と体育祭があります。
行事に積極的に参加することは苦手だけれど、みんなが行事前にわくわくしたりばたばたしたりしている感じは好きだな。

もっと青春をしたかったので大学でしてみせます。勉強がんばります。

ということでみなさん、今まで以上に構ってください。
- comments(0) trackbacks(0)
CATWALK

記憶も感情も全部捨てたい。それができないならもうこれ以上生きていたくない。くるしいくるしいくるしいよ

わたし、要らない?
要らない いらない イラナイ

この言葉が最近頭から離れてくれない

わたしが一番、わたしなんか要らないよ
わかってるわかってるわかってる

ひとりでいたくないよ
もう耐えられない
でもわたしの居場所はどこにあるの

いつもひとりひとりひとりひとり。

離れていくなら最初から近付かないでお願いお願いお願い。いなくならないで。捨てないで。

こんなに苦しいなら息ができなくなってしまえばいいのに

誰かに傍にいてほしい大丈夫だよって言ってほしい涙止まんない毎日毎日泣いて疲れた

心と身体の痛みがつり合っていない

本当だったらもうわたしの心臓は止まっていてもおかしくないのに

全部忘れたい
もう何も考えたくない
何も感じたくない
何も知りたくない
何も聞きたくない

どうやったらわたしを殺せるの
- comments(0) trackbacks(0)
| 1/10 | >>